イギリス留学時のアルバイト体験談

Akane自身がこの記事を読み終わるまでにかかった時間は約3分です。

かに通販おすすめ

スポンサードリンク


私は現在、就職浪人として勉強している傍ら、2つのアルバイトをかけもちすることで収入を得ています。

特別何か特殊なことをしたわけでもないんですが、他の方よりも英語を聞き取れる能力が少し高いみたいで、その能力を活かせたらとの思いから英会話学校の講師としてのアルバイトが1つ。

テレビのCMで見かけるような全国規模の学校ではなく、地元の小さい英会話学校です。

子供から学生、社会人からお年寄りに至るまで、幅広い年齢層の方々に英語での会話をレクチャーすると共に、英検取得やTOEICで良い成績を残せるためのお手伝いをしています。

2つ目は個人経営の飲食店でのホール係ですが、こちらは週に2回合計8時間の短時間なので、英会話学校での収入と合わせて余った分をお小遣いにする程度の収入しかなかったりします。

でも、どちらのアルバイトも楽しくて経験にもなるし、人間関係も良好だし、なによりも交通費をきちんと出してくれるので有難いんですよ!

学生時代にイギリスへ留学したことがあるんですが、その時のアルバイトでは交通費は一切出してくれませんでした。

他にも驚いたことが幾つかあったので、それを紹介したいと思います。

時間は10時間まで

イギリス留学時のアルバイト体験で、お金の流通に関することまで学べるとは思ってもいませんでした。

どの国からの留学なのかにもよるかもしれませんが、日本から留学するために私が取得したビザだと、イギリスでアルバイトが出来る時間は、週に10時間までと定められていました。

通貨の単位がユーロ以外の国から留学してくる国の留学生が、この条件の規制の元でのアルバイトが可能だということでした。

言い換えれば、規制されることになる留学生にとっては週に11時間以上のアルバイトが出来ないので、まとまった収入を得ることが難しくなります。

ちなみにイギリスは2016年現在では欧州連合(EuropeanUnion、通称EU)に属する国ですが、通貨はユーロを導入せずに昔から利用されているポンドを今も通貨と定めています。

数年後に欧州連合を離脱するという方向性でもあるので、ユーロを導入しなかったのは今となっては正解なのかもしれません。

私がアルバイトをしていたところでも、イギリスは欧州連合から離脱するべきという声がほとんどだったのを覚えています。

経験よりも年齢

イギリスに留学したのが私が21歳になる年だったのですが、いいタイミングで留学したと言える年齢だったと思います。

と言うのも、イギリスでのアルバイトによる最低賃金は、年齢によって固定されていることがほとんどだからです。

イギリスでは16歳からアルバイトが可能なので、20歳になるまでの4年間をアルバイトしていたとしても、後から入ってきた21歳の新人の方が時給がいいということが多々あったりします。

私もそうだったのですが、年下だけどアルバイト経験は私よりも長い先輩がいました。ですがその先輩たちは最低賃金でのアルバイトだったので、年齢が上である私の方が最低賃金が少し高かったです。

日本円にして数円から数十円の違いですが、日本だとこういう制度はないので、アルバイトにもお国柄があるんだぁと感心させられました。

これは何かの資格を持っていたとしても同様で、どれだけ経験が長くてもたくさんの資格を持っていたとしても、年齢には敵いません。日本だと不満の声が聞こえてきそうですよね。

少し不思議な感覚ですが、【経験よりも年齢がものを言う】のが、イギリスでのアルバイト時給のようです。

ですがこの年齢の制度も25歳までなので、26歳以上になるとこの限りではありません。

もちろんあくまでアルバイトでの話なので、正社員とかだときちんと経験や資格も考慮されるみたいです。

学費は無料

先ほどのアルバイトの時給と同様、こちらも年齢がものを言います。

なんとイギリスでは、18歳までは学費が無料なのです。

16歳からアルバイトが可能ですが、16歳から18歳と言えば日本では高校生活の3年間にあたります。その期間のアルバイトで得られる収入を全て、学費に使うことなく全てをお小遣いに出来てしまうんですよね。

と言っても、お小遣いとして消費するのではなく家計を助けるためにアルバイトをしている学生もたくさんいました。

大学に進学するにも、日本で言う奨学金のようなものがあるので、学生であるうちはアルバイトもほどほどに勉学に打ち込むことが出来たりします。

ちなみに学費だけではなく医療費も無料です。

イギリス留学時のアルバイト体験談まとめ

あくまで私が体験したアルバイトの話でまとめると、留学するためにはそれなりの事前準備が必要で、留学先のイギリスで収入を得るのは難しい、ということになります。

留学する前に、あちらでのアルバイトや必要になってくる費用といったことは、留学を考える方ならほぼ事前に考えたり調べたりすると思うので、死活問題にまで陥るということはないかとは思いますが。

これからイギリスへ留学しようと考えている方の参考になれば嬉しいです!


かに通販おすすめ

スポンサードリンク

ヒトゴトの他のブロガー

スポンサ-ドリンク